日本職業リハビリテーション学会 第49回宮城大会

プログラム

オンデマンド配信(8月25日~9月11日配信)

1.基調対談

「職業リハビリテーションにおける立場性を考える」

登壇者
相澤 欽一(第49回大会大会長)
山下 達夫(社会福祉法人太陽の家)

概要
職業リハビリテーションは、障害のある当事者、家族、企業、支援者、行政など様々な立場の人が関わっているが、立場の違いからいろいろな支障が発生する場合がある。このような立場の違いから発生する問題を考えるヒントを得るため、様々な立場を経験されている社会福祉法人太陽の家理事長の山下達夫さんを迎え、障害当事者として支援を受けた体験や企業経営者として障害者雇用に取組んだ体験、さらには障害当事者や企業経営者の立場から支援者に望みたいことをお聞きする。また、自組織の立場や成果、常識にとらわれず本来のミッションをいかに果たすかなどについても話し合う。

2.大会主催ワークショップⅠ

「就労支援と相談支援~相談支援機関における就労相談のあり方~」

進行
西田 有吾(仙台市自閉症相談センター)
助言者
小松 邦明(たかはま障がい者支援センター)
話題提供者
山谷 宗一(ワークトライフスクウェア)
角濱 友哉(アクセスジョブ仙台)
高橋 辰徳(ワークスペース歩°歩°)

概要
現在、障害のある方の生活相談に対応する相談支援機関は、全国に広く整備されている。主訴の多くは、就労関係よりも生活全般、家族関係等に関することが多いが、ニーズアセスメントの過程で社会参加や経済的なニーズを把握し、就労相談に発展することがある。相談支援機関に訪れる相談者の一定数は未就労者が占めているが、これらの機関を通じた就労相談では、就労ニーズを適切に把握されないまま、安易に福祉的就労へ紹介されることが少なくないと感じている。本ワークショップでは、障害のある方の一般就労の可能性が狭められることないよう、適切に就労ニーズが把握されるための就労相談の視点や方法、就労支援機関との連携方法、地域での仕組みづくりについて検討する。

3.大会主催ワークショップⅡ

「みのりある職場実習のために~企業の現状と支援者の役割~」

進行
西田 いづみ(チャレンジドジャパン仙台中央センター)
助言者
鈴木 康弘(社会福祉法人ほっと福祉記念会)
大場 俊孝(株式会社大場製作所)
話題提供者
三浦 剛(株式会社チャレンジドジャパン)
林田 元太(LITALICOワークス)
北川 進(障害者就業・生活支援センターわ~く)
藤沼 紀行(株式会社アイエーオートバックス)

概要
職場実習は、就労後の職場適応や定着を考える上でも求職者や企業にとって重要だが、仙台市などが実施した調査によると、2020年度に仙台市内の就労移行支援事業所から就職した者(復職は除く)のうち就職先の企業で職場実習を実施していた者の割合は43.1%で、仙台市内では職場実習が十分に行われていない状況がうかがえる。本ワークショップでは、障害のある求職者が企業に応募するかどうか検討するための職場実習(障害のある者が経験を積むためだけの体験実習は除く)に関する企業と支援者に対するアンケート結果を基に、実習が十分に行われていない背景などを分析し、よりよい実習が行われるための方策として支援者が行うべきアプローチを検討する。

4.大会主催ワークショップⅢ

「安定した職業生活を継続するための支援~地域生活支援の視点から~」

進行
田口 雄太(スイッチセンダイ)
助言者
野崎 智仁(国際医療福祉大学)
星明 聡志(社会福祉法人北摂杉の子会)
話題提供者
齋藤 淳子(グッジョブ)
加藤 志穂(石巻地域就業・生活支援センター)

概要
安定した職業生活継続のためには、適切なマッチングと企業のナチュラルサポート形成のための支援が欠かせない。一方、企業の合理的配慮などだけでは対応できない健康管理や生活面の課題などについては、企業以上に支援機関の対応が重要になる。しかし、例えば、「就労移行支援事業所における効果的な支援と就労定着支援の実施及び課題にかかわる調査研究」(平成30年度障害者総合福祉推進事業)においてまとめられた「就労移行支援・就労定着支援事例集」においても、生活面の課題に対する事例はほとんど見当たらないなど、職業生活継続のための地域生活支援の在り方については、その実態がまだ十分に明らかになっていない現状があるのではないだろうか。本ワークショップでは、生活面の課題を有する者に対する支援事例を基に、宮城県における支援の現状と課題の一端を明らかにし、職業生活継続のために望まれる地域生活支援の在り方を検討する。

5.学会主催・鼎談

「根拠に基づく職業リハビリテーションの実践と研究-高等教育機関における人材育成を踏まえて」

登壇者
大島 巌(東北福祉大学副学長、日本評価学会会長)
朝日 雅也(学会長、埼玉県立大学)
小川 浩(副学会長、大妻女子大学)

概要
職業リハビリテーションにおける根拠(エビデンス)については、学会誌第25巻第1号で特集を組んだことがある。爾来、10年余が経過しているが、職業リハビリテーションの実践や研究において、根拠に基づく取組がなお必要なことは言うまでもない。
その際、実践においても研究においても、評価の視点と方法をどのように設定・構築していくかが問われるが、職業リハビリテーションの性質もあり、明確な方向性が必ずしも示し切れていないのではないか。このことは、今日、焦眉の急の課題でもある当該分野における人材育成、特に高等教育機関における教育のあり方にも影響を及ぼすものと思われる。
そこで、職業リハビリテーションの実践の成果はどのように評価されるべきか、職業リハビリテーション研究における固有の視点は何か、高等教育機関における職業リハビリテーションに係る人材の育成とどのように結び付けていけばいいのか、等、地に足つけた議論を心掛けつつ、職業リハビリテーションを鳥瞰する鼎談の機会としたい。

6.国際委員会主催・国際シンポジウム

「米国における職業リハビリテーション及び就労支援の実際:実践と教育」

進行
柴田 珠里(横浜市発達障害者支援センター)
話題提供者
飯島 信子(NYS Education Department Office of Adult Career and Continuing Education Services - Vocational Rehabilitation)
岩永 可奈子(バージニアコモンウェルス大学)

概要
我が国は、これまで多くの支援技法や制度を米国から学んできた。このような中で、私たちは実践と研究を行っている。現在、我が国は、職業リハビリテーション及び就労支援の将来的なあり方を新たに産み出す時期に来ており、国の検討会だけでなく、日々の実践現場などにおいて、私たちは大小様々な議論を行ってきているのではないだろうか。そこで、国際委員会は、米国の職業リハビリテーションの実践と教育の現状を知るための機会を企画した。参加者の皆さんが、このシンポジウムを通じて、自らの実践や研究を振り返るための情報を多く得ていただくことを願っている。

7.研修委員会主催・教育講座

(1)講座A「職業リハビリテーションの基礎 アセスメントを中心に」

講師
前原 和明(秋田大学)

概要
アセスメントは、査定・評価と訳される用語で、対人支援を行う際の基盤となる重要な支援事項である。この内容と方法について理解することは、個別の支援計画の策定や日々の就労支援及び訓練における見立てなどに役立つ。この講座では、理解に向けてのアセスメントの内容や方法についての基礎的な知識を提供する。

(2)講座B「事例報告・事例研究をやってみよう」

講師
若林 功(常磐大学)

概要
支援者が利用者や環境との一連の関わりを整理しそれに考察を加えた事例報告は、個別性を切り捨てずに職業リハビリテーション(以下、職リハ)のあり方を検討でき、職リハの発展に貢献する。一方で、学会大会や学会誌での事例報告の発表は多くない。本講座では、職リハの事例報告やその展開形である事例研究の、大会・学会誌に発表する際の留意点等について扱う。本講座で参加者の事例報告等への関心・意欲が高まれば幸いである。

ライブ配信(8月27日・28日配信)

8月27日(土)
13:00-13:10 開会式
13:20-14:50 研究・実践発表1研究・実践発表2自主WS1
15:00-16:30 研究・実践発表3研究・実践発表4自主WS2自主WS3
16:40-17:40 質疑応答・意見交換1~6
18:00-19:00 会員総会
※学会事務局より事前に案内されるURLよりご入室ください(会員のみ)
8月28日(日)
10:15-11:45 研究・実践発表5研究・実践発表6自主WS4自主WS5
12:45-14:15 研究・実践発表7研究・実践発表8自主WS6自主WS7
14:30-16:00 研究・実践発表9自主WS8政策委員会WS
16:10-16:25 閉会式

研究・実践発表

8月27日(土)

13:20-14:50 研究・実践発表1(視覚・聴覚・身体障害)

  1. 視覚障害者の事務スキル発達支援におけるGTA-AR法の提案
    ○竹下 浩(筑波技術大学)、関田 巌(筑波技術大学)
  2. 職業的自立を目指す視覚障害者のソーシャル・キャピタルとコミュニケーションスキルとの関連 ~視覚特別支援学校職業課程在籍者に対するアンケート調査から~
    ◎松田 えりか(筑波大学大学院人間総合科学学術院)、宮内 久絵(筑波大学人間系)
  3. 聴覚障害のある社会人の再就職・転職を目的としたリカレント教育プログラムの実施
    ◎後藤 由紀子(筑波技術大学)、河野 純大(筑波技術大学)
  4. 就労支援に関連した身体障害領域における作業療法報告事例の分析
    ○野﨑 智仁(国際医療福祉大学/NPO法人那須フロンティア)、郡司 空(舞子浜病院)、渡邊 龍ノ介(鹿沼病院)、田上 莉帆(青木病院)、佐藤 凪紗(総合南東北病院)、北條 友哉(宇都宮リハビリテーション病院)

13:20-14:50 研究・実践発表2(職業生活の継続:精神障害・発達障害)

  1. 精神障害者が働きがいのある労働環境 ~インタビュー調査による分析から
    ○三木 良子(帝京科学大学)
  2. 職場の合理的配慮及び関連要因が精神障害者の職業継続に及ぼす効果~半構造化面接の結果から~
    ○若林 功(常磐大学)
  3. 精神障害者の就労継続に影響を与える主観的認識:混合研究法
    ○馬塲 順子(群馬パース大学 リハビリテーション学部作業療法学科)、谷村 厚子(東京都立大学)、石井 良和(群馬パース大学)
  4. 関係機関連携による職場定着と生活の安定を目的とした取り組み
    ◎飯塚 菜緒(就労移行支援事業所 ワークアシスト)

15:00-16:30 研究・実践発表3(企業・農業)

  1. 長野県上小圏域における障がい者雇用に関する事業所アンケート調査の報告
    ○片山 優美子(長野大学)、河埜 康二郎(千曲荘病院 チャンス(デイケア))
  2. 障害者雇用と企業の雇用環境に関する研究(3)~中小企業を対象として~
    ○池田 浩之(兵庫教育大学/NPO大阪精神障害者就労支援ネットワーク)、星明 聡志(社会福祉法人北摂杉の子会)、奥脇 学(有限会社奥進システム)、實盛 朱里(NPO大阪精神障害者就労支援ネットワーク)、金川 善衛(医療法人清風会)
  3. 農園型障害者サテライト雇用と障害者雇用促進法の理念等との整合性に関する一考察
    ◎直江 秀一郎(農林水産省 農林水産政策研究所 付)
  4. 農作業等に従事する障害者の身体活動量確保の可能性
    ○中本 英里(農研機構西日本農業研究センター)、豊田 正博(兵庫県立大学大学院)

15:00-16:30 研究・実践発表4(自閉スペクトラム症)

  1. 就労移行支援における自閉スペクトラム症のある方を対象とした認知行動的介入プログラムの効果の検討
    ◎屋敷 千晴(NPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク)、池田 浩之(兵庫教育大学大学院/NPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク)、實盛 朱里(NPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク)
  2. ASD特有のバーンアウトとメンタルヘルス
    ○千田 若菜(医療法人社団ながやまメンタルクリニック)、柴田 珠里(横浜市発達障害者支援センター)、岡田 智(北海道大学教育学研究院)
  3. 職場適応感向上プログラムの開発に向けて~自閉スペクトラム特性が高いと想定される者を対象に~
    ◎五屋 真由子(NPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク)、池田 浩之(兵庫教育大学大学院/NPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク)
  4. 成人期に診断を受けた自閉スペクトラム症者に対する就労定着後の支援課題の検討~主観的QOLとグループ活動の記録から~
    ○齋藤 淳子(就労支援センター グッジョブ)、佐々木 寛子(株式会社グッジョブ)、伊藤 ひろみ(株式会社グッジョブ)

8月28日(日)

10:15-11:45 研究・実践発表5(就労支援の様々な側面Ⅰ)

  1. 自団体へ日本版個別型援助付きフィデリティ調査した際の所感と課題
    ◎坂下 直也(特定非営利活動法人 Switch)、小野 彩香(特定非営利活動法人 Switch)、田口 雄太(特定非営利活動法人 Switch)
  2. 発達障害のある方の保護者を対象とした「家庭でできる就労支援講座」の効果について
    ○實盛 朱里(NPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク JSN研究所)、池田 浩之(兵庫教育大学/NPO法人大阪精神障害者就労支援ネットワーク)
  3. 発達障害の特性に応じた対処法を自動提案するチャットボットのユーザビリティ
    ◎佐々木 銀河(筑波大学人間系)、末吉 彩香(筑波大学人間系)、鈴木 慶太(株式会社Kaien)、竹田 一則(筑波大学人間系)、高橋 知音(信州大学学術研究院 教育学系)
  4. VR空間における障害者就労の可能性に関する考察 ~デジタル技術に特化した高収益化を目指すマーケット開拓~
    ○木下 一雄(旭川大学保健福祉学部コミュニティ福祉学科)

10:15-11:45 研究・実践発表6(事例報告)

  1. 「諦め」から「希望」へ ~就労移行支援事業所を利用したA氏の就職活動を通して~
    ◎斎藤 彰太(就労移行支援事業所コンポステラ)、本多 俊紀(NPO法人コミュネット楽創)
  2. 就労希望する入院患者の退院後を見据えた福祉機関との連携とその可能性
    ○船本 修平(就業・生活相談室からびな)、本多 俊紀(NPO法人コミュネット楽創)
  3. 障害者支援施設を経て復職に至った高次脳機能障害を呈する一事例
    ◎久野 誠(農協共催中伊豆リハビリテーションセンター 障害者支援施設さわらび)
  4. 医療観察法対象者における地域移行支援についての実践について
    ○早坂 輝俊(共同生活援助 グループホームのぞみ)、石橋 侑子(共同生活援助 グループホームのぞみ)、大場 俊孝(NPO法人栗原市障害者就労支援センター)

12:45-14:15 研究・実践発表7(就労支援の様々な側面Ⅱ)

  1. 就労困難者のキャリア形成支援に関する考察~生活保護受給者の出口政策視点より~
    ○市原 尚子(京都大学公共政策大学院修士2回生(神戸学院大学法学部 非常勤講師))
  2. 就労支援における作業療法士の関わり方
    ○金弦 敬子(学校法人仁多学園島根リハビリテーション学院)
  3. 就労支援機関管理職から見た人材育成の現状と課題~アンケート調査から~
    ○大川 浩子(北海道文教大学/NPO法人コミュネット楽創)、本多 俊紀(NPO法人コミュネット楽創)、宮本 有紀(東京大学大学院医学系研究科精神看護学分野)
  4. ドイツ就労支援の近年の動向と課題
    ○廣田 久美子(福岡県立大学)

12:45-14:15 研究・実践発表8(アセスメント・支援ツール)

  1. 特別支援学校における現場実習の評価表が果たすアセスメント機能
    ○今井 彩(秋田大学大学院 教育学研究科)、前原 和明(秋田大学)
  2. 就労支援のためのアセスメントシート(試作版)の開発
    ○武澤 友広(障害者職業総合センター)、井口 修一(障害者職業総合センター)、石原 まほろ(障害者職業総合センター)、佐藤 涼矢(障害者職業総合センター、千葉大学大学院融合理工学府)
  3. 就労支援ネットワークにおける職務分析チェックリストの活用可能性
    ○宮本 雅央(北海道医療大学)
  4. 職業リハビリテーションツール伝達のプログラム評価の試み
    ○田村 みつよ(障害者職業総合センター)、武澤 友広(障害者職業総合センター)、山科 正寿(元障害者職業総合センター)、渋谷 友紀(障害者職業総合センター)、村久木 洋一(障害者職業総合センター)

14:30-16:00 研究・実践発表9(知的障害)

  1. 知的障害特別支援学校生徒の自己理解の促進に向けた自己省察ツールの開発と効果検証:一般就労を希望する高等部生徒を対象とした授業実践から
    ○阿部 哲哉(秋田県立大曲支援学校)、前原 和明(秋田大学)
  2. 企業就労における知的障害者の低賃金に関する一考察
    ○富田 文子(埼玉県立大学)、朝日 雅也(埼玉県立大学)
  3. 就労移行支援事業所および就労継続支援A型・B型事業所における知的障害者の性的行動に対する職員の意識と支援の課題
    ○門下 祐子(筑波大学大学院人間総合科学学術院)
  4. コロナ禍で危惧される生徒の「困りごと」を踏まえた現場実習の在り方~知的障害特別支援学校の進路指導に基づいて~
    ○矢野川 祥典(福山平成大学 福祉健康学部)

自主ワークショップ(自主WS)

8月27日(土)

13:20-14:50 自主WS1
「てんかんのある人の就労~多様性の理解と具体的な雇用就労への支援方法を探る~」

企画者・登壇者
青栁 智夫(明治学院大学社会学部社会福祉学科 非常勤講師)
登壇者
中里 信和(東北大学病院てんかん科 教授)
藤川 真由(東北大学病院てんかん科 助教)
浪久 悠(国立病院機構久里浜医療センター作業療法士長、公益社団法人てんかん協会理事)
遠田 千穂(富士ソフト企画株式会社(富士ソフト特例子会社)企画開発部部長 第二号職場適応援助者 陸上自衛隊予備自衛官)

15:00-16:30 自主WS2
「就労前アセスメントで就労の可能性をはかることはできるのか?」

企画者・登壇者
本多 俊紀(特定非営利活動法人コミュネット楽創)
登壇者
山口 創生(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 地域精神保健・法制度研究部)
築島 健(医療法人風のすずらん会 美唄すずらんクリニック)
松為 信雄(神奈川県立保健福祉大学)
井上 希実(特定非営利活動法人コミュネット楽創就労移行支援事業所コンポステラ)
大川 浩子(北海道文教大学/特定非営利活動法人コミュネット楽創)
猪田 正憲(元サービスユーザー/会社員)

15:00-16:30 自主WS3
「『生きる力』を育むプログラム~自分で将来を選択できるようになるワークブック~」

企画者・登壇者
鈴木 弘美(横浜メンタルサービスネットワーク)
登壇者
羽田 舞子(筑波大学附属病院)
金山 正恵(ディープインテンションリンクスメンタルクリニック)
渡部 恵梨子(横浜メンタルサービスネットワーク)

8月28日(日)

10:15-11:45 自主WS4
「支援から学ぶ職業リハビリテーション〜キャリア支援のための実践知と技術〜」

企画者・登壇者
前原 和明(秋田大学)
登壇者
今井 彩(秋田大学教育文化学部附属特別支援学校)
神田 康貴(岡山県美作県民局)
宇野 京子(公務機関(ジョブコーチ))
松為 信雄(神奈川県立保健福祉大学・東京通信大学 名誉教授)

10:15-11:45 自主WS5
「ASDのある就労者のメンタルヘルスを語る~過剰適応・カモフラージュ・バーンアウトへの理解と支援~」

企画者・登壇者
柴田 珠里(横浜市発達障害者支援センター)
登壇者
千田 若菜(医療法人社団ながやまメンタルクリニック)
Chin Catherine(Enabling Academy)
小川 浩(大妻女子大学)

12:45-14:15 自主WS6
「職業リハビリテーションカウンセリングの体系化に向けて」

企画者・登壇者
松為 信雄(神奈川県立保健福祉大学)
登壇者
鈴木 修(NPO法人くらし・しごとえん)
湯沢 由美(医療法人丹沢病院)
岡 耕平(滋慶医療科学大学)

12:45-14:15 自主WS7
「障害者の雇用と『働く』ことの意味〜共生社会への道〜」

企画者・登壇者
清野 絵(国立障害者リハビリテーションセンター)
登壇者
高岡 英氣(敬愛大学)
菊地 建至(金沢医科大学)
堤 英俊(都留文科大学)
渡 正(順天堂大学)
金 珍淑(敬愛大学)

14:30-16:00 自主WS8
「職業リハビリテーション分野における応用行動分析(ABA)及び臨床行動分析(ACT)の効果的な活用について」

企画者・登壇者
菊池 ゆう子(株式会社スタートライン CBSヒューマンサポート研究所)
登壇者
瀬津 博之(就労移行支援事業所 るりはり)
小林 咲(トーマツチャレンジド株式会社 ジョブコーチチーム リーダー)
青野 路子(トーマツチャレンジド株式会社 管理部長)
森島 貴子(社会福祉法人 釧路のぞみ協会 自立センター)
刎田 文記(株式会社スタートライン CBSヒューマンサポート研究所)

政策委員会主催ワークショップ

8月28日

14:30-16:00
「『雇用と福祉の連携強化検討会』の議論のその後を読み深める」

進行
眞保 智子(法政大学)
登壇者
倉知 延章(九州産業大学)
酒井 大介(NPO法人全国就労移行支援事業所連絡協議会)
朝日 雅也(埼玉県立大学)
小川 浩(大妻女子大学)
鈴木 康弘(社会福祉法人ほっと福祉記念会)

概要
「障害者雇用・福祉施策の連携強化に関する検討会」(以下検討会)が画期的と称されるのは、厚生労働省大臣官房高齢・障害者雇用開発審議官及び社会・援護局障害保健福祉部長が、それぞれの施策に関わる有識者等を参集して立ち上げられたからである。この検討会での議論を受けて、「雇用施策担当である職業安定局(障害者分科会)」と「福祉施策担当である障害保健福祉部(障害者部会)」が、それぞれ今後どのような制度を展開しようとしているのか。障害者雇用分科会での議論を倉知氏から、社会保障審議会障害者部会での議論を酒井氏から論点を伺い、その後パネリストとともに議論をする。学会員それぞれが研究と実践の方向性や新たな課題を見出す時間となれば幸いである。

質疑応答・意見交換会

8月27日 16:40-17:40

オンデマンドプログラムに関して質問や意見交換できるライブ配信の場を用意しました。オンデマンドプログラムの講師や登壇者に質問したい、意見交換したい方は、気軽にご参加ください。

質疑応答・意見交換1 基調対談
質疑応答・意見交換2 大会主催WSⅠ
質疑応答・意見交換3 大会主催WSⅡ
質疑応答・意見交換4 大会主催WSⅢ
質疑応答・意見交換5 国際シンポジウム
質疑応答・意見交換6 教育講座A・B

ページの先頭へ